toggle

書籍販売

    • SWOT分析を活用した【根拠ある経営計画書】事例集

    • 会計事務所、コンサルタント、金融機関担当者。コーディネーターが知っておくべきメソッドとプロセスのすべて。事業性評価のための非財務の経営戦略・アクションプランの立て方、KPI監査の進め方。
      SWOT分析の考え方や理論について書かれた本はあるが、中小企業のコンサルティングの現場でどのように活用するのか、またそこから「根拠ある経営計画書」やアクションプランまで作成するプロセスをこれほどわかりやすく解説した事例集はない。経営コンサルタント、会計事務所、金融機関担当者必読のノウハウ本である。
    • 経営承継「可視化」戦略

    • 将来が見えれば後継者と幹部は自主的に育つ
      事業承継・経営承継についてはいろいろな本が出版されています。そのほとんどは「相続税対策」「争族対策」「相続資金対策」を中心とした、財務的・法務的なものです。なかには「後継者の心構え」「禅譲の心得」のような経営承継の心得的なものもありますが、そういう書籍は多くの場合、実務的ではありません。
      本書において著者が目指す経営承継の【可視化】は徹底して実務中心であり、経営承継ビジネスを展開する会計事務所や生保営業、金融機関、弁護士、司法書士等の「経営承継コンサルティング」の幅を拡げる“必読の書”です。
    • 法人開拓提案編 改訂版(実践的生命保険手案方法)

    • 法人開拓提案編(実践的生命保険手案方法)の改訂版!
      決算書分析と会社のライフステージからアプローチ!
      法人における加入目的別の生命保険提案を集大成!
      第1部では、貸借対照表や損益計算書からその会社が抱える問題点を読み解き、生命保険提案につなげる方法を解説します。
      第2部では、会社の成長過程におけるステージ〔創業期・成長期・安定期(成熟期)・事業承継期(第二創業期)・衰退期〕ごとに起こり得るリスクや経営者の悩みから、リスクに対する解決策としての資金準備とそのための生命保険提案を解説します。
      第3部では、事業保障資金や役員退職慰労金準備、事業承継対策など加入目的別に生命保険提案を解説します。なお、資料編では、経営承継円滑化法を解説。法人開拓の経験が少ない人にも役立つ1冊です。
    • 法人開拓提案編(実践的生命保険手案方法)

    • 決算書分析と会社のライフステージからアプローチ!
      法人における加入目的別の生命保険提案を集大成!
      第1部では、貸借対照表や損益計算書からその会社が抱える問題点を読み解き、生命保険提案につなげる方法を解説します。
      第2部では、会社の成長過程におけるステージ〔創業期・成長期・安定期(成熟期)・事業承継期(第二創業期)・衰退期〕ごとに起こり得るリスクや経営者の悩みから、リスクに対する解決策としての資金準備とそのための生命保険提案を解説します。
      第3部では、事業保障資金や役員退職慰労金準備、事業承継対策など加入目的別に生命保険提案を解説します。なお、資料編では、経営承継円滑化法を解説。法人開拓の経験が少ない人にも役立つ1冊です。
    • 【社長!ハイハイ言うことを聞いても銀行は御社をまもってくれません!】

    • 「銀行員ってなんだか苦手……」。こう思われる社長さんは多いです。見下されているような気がするから? お金を借りることに引け目を感じているから? そんなふうに思う必要はまったくありません! 御社と銀行は対等な取引をしているにすぎません。銀行も利益を出すために融資をしたいのです。御社は銀行から「お金」という商材を仕入れているだけのこと。だから、どんなときでも胸を張って交渉をしてください。本書は、銀行員の行動と心理を解説しながら、理論武装をお手伝いする、歯に衣着せぬ一冊です。
    • すべての社長のためのリスケの本 銀行さん、もう毎月1万円しか返せません

    • 中小企業金融円滑化法によって、各金融機関が返済融資の条件変更を容認しやすい土壌は出来上がってきました。けれども、実際のところ、いわゆる「リスケジュール」を行っても大丈夫なのか、果たして銀行が受け付けてくれるのかと“様子見”の経営者の方がほとんどです。
      本書は、元銀行員、現再生コンサルタント、つまりはリスケジュールのプロフェッショナルによる、初めて書かれた中小企業経営者のための「安全なリスケジュールの仕方」の本です。
      いますぐリスケをしたい方も、必要ないと思っている方も、きっと知っていて損はない、すべての社長さんにお読みいただきたい1冊です。
    • 銀行としぶとく交渉してゼッタイ会社を潰すな!

    • 2009年のベストセラー! 『社長さん! 銀行員の言うことをハイハイ聞いてたらあなたの会社、潰されますよ! 』の著者待望の第2弾!!
      今度は銀行との交渉方法について激白!?中小企業の経営者が銀行のことを知ってしぶとく交渉して、会社を潰さないために資金繰りをよくするための秘訣を紹介。本書の内容は、著者がこれまで500社を超える企業を支援するなかで、その都度相談や支援の内容など中小企業の資金繰りの実態を綴った業務ノートがもと。資金繰りに困った中小企業の社長さんが銀行と粘り強く交渉し、リスケジュールに応じてもらい、その間に資金繰りをよくして会社を再建していく、そのノウハウを公開。
    • 社長さん!銀行員の言うことをハイハイ聞いてたらあなたの会社、潰されますよ!

    • 取引先から商品を仕入れるとき、いろいろ交渉しますよね。 お金だって同じです。あなたが〈商売をする上で必要なお金〉を〈銀行という取引先〉から〈仕入れているだけ〉なのです。
      ただし銀行は、ほかの取引先よりもちょっと厄介。だけど、傾向がはっきりある。その傾向をつかんで交渉に立つだけで、今よりぐっと銀行との付き合いはラクになります。金融不況を生き抜くための「知恵」と「知識」を本書でぜひ、身につけてください!